最新の診断法

最新の診断法

画像診断により病態を把握した上で、最善の治療法を提案します。

リンパ浮腫は、早期診断と治療が難しい病気です。
最新のリンパ浮腫診断法であるICGリンパ管造影や
MRリンパ管造影法によりリンパ機能障害を判定します。

インドシアニングリーンリンパ管造影法(最新のリンパ管造影検査)

表在のリンパ管走行描出や、残存するリンパ機能をリアルタイムで解析できるようになりました。
痛みや、張り感が主訴の早期リンパ浮腫も、的確に診断できるようになりました。
当院にて本検査を実施し、確定診断に加え、患者さんご自身にも状況を確認頂くことで、リンパ機能の現状を理解して頂きます。
尚、ヨード造影剤にアレルギーがある方には 本検査は実施できません。

上肢リンパ浮腫の診断

下肢リンパ浮腫の診断

( 参考文献 )
Mihara M et al. Indocyanine green (ICG) lymphography is superior to lymphoscintigraphy for diagnostic imaging of early lymphedema of the upper limbs. PLoS One. 2012;7(6):e38182.

閉じる

MRリンパ管造影法

MRIを用いることで、3次元的にリンパ管の走行・異常部位を同定することができるようになりました。当院にて本検査を実施し、重症度を判断します。
また原因不明のリンパ浮腫の場合でも、胸管本体を描出することで原因究明が可能となってきました。尚、ヨード造影剤にアレルギーがある方には 本検査は実施できません。

MRIを用いた胸管描出法

( 参考文献 )
Hara H et al. Assessment of configuration of thoracic duct using magnetic resonance thoracic ductography in idiopathic lymphedema. Ann Plast Surg. 2012 Mar;68(3):300-2.

閉じる

リンパシンチグラフィ検査

リンパシンチグラフィ検査

全身および深部のリンパ管走行や、残存するリンパ機能が解析できます。インドシアニングリーンリンパ管造影法との併用で、患者さんのリンパ浮腫状態を詳細に把握することが可能となり、病態に合わせた最善の治療法を提案することができるようになりました。経時的に撮影することで、リンパ機能の評価が的確に行えます。
リンパ節移植や脂肪吸引手術の効果見極めにも有効です。
尚、本検査は連携医療機関(東京高輪病院、済生会川口総合病院等)にて実施します。
ヨード造影剤にアレルギーがある方でも本検査は実施可能です。

閉じる

超音波検査(静脈エコー)

超音波装置の組織硬度測定 (組織弾性イメージング法) 技術を用いて、リンパ浮腫の部位別重症度評価を行います。
また、下腿浮腫の鑑別診断として、静脈還流障害や、深部静脈血栓症(DVT)があります。
当科では、専門医の診断の下、必要あれば、超音波検査にて鑑別診断を行います。静脈系疾患を有する場合は、専門医をご紹介致します。

超音波検査

( 参考文献 )
Mihara M et al. Regional diagnosis of lymphoedema and selection of sites for lymphaticovenular anastomosis using elastography. Clin Radiol. 2011 Aug;66(8):715-9.

閉じる

非接触型赤外線静脈描出装置(statveinTM)

手術の適応がある患者さんは、非接触型の赤外線装置を用いて皮下静脈の部位同定を行います。
この装置は無痛で侵襲が無く、的確に静脈の位置を確定することができます。
この装置の応用により、より小さな傷で手術が可能となってきました。

非接触型赤外線静脈描出装置

( 参考文献 )
Mihara M et al. Scarless lymphatic venous anastomosis for latent and early-stage lymphoedema using indocyanine green lymphography and non-invasive instruments for visualising subcutaneous vein. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2012 Nov;65(11):1551-8.

Mihara M et al. Upper-limb lymphedema treated aesthetically with lymphaticovenous anastomosis using indocyanine green lymphography and noncontact vein visualization. J Reconstr Microsurg. 2012 Jun;28(5):327- 32.

閉じる

診療のながれ

リンパ浮腫専門外来は、外科的治療と保存療法を融合した治療をおこなっています。

対象

  1. これまでの保存療法に限界を感じており、もっとよくしたいと思われている方
  2. リンパ浮腫に伴う蜂窩織炎を頻発されている方 など
初診
診察・治療の説明・検査説明
※必ず紹介状をお持ちください。
検査
リンパ機能検査・浮腫評価(リンパシンチ・MRI・CT・超音波等)
検査の説明・今後の方針などの説明をします。
再診
再診 - 検査結果・治療方針の説明
手術あり
手術や入院の日程予約、および説明をします。
手術なし
希望に応じて当院での継続受診、もしくは近隣のリンパ浮腫治療施設をご紹介いたします。
入院
リンパ管静脈吻合術の場合、おおよそ4~7日間で退院
ICG リンパ管蛍光造影検査・静脈超音波検査をおこないます。
※患者さんの状態により個人差があります。
再診
再診(退院から1ヵ月後)
希望に応じて当院での継続受診、もしくは近隣のリンパ浮腫治療施設をご紹介いたします 。
再診
再診(退院から2ヵ月後)
検査(リンパシンチグラフィ・CT・MRI 予定)
必要に応じて、追加治療の説明
再診
再診(退院から6・12ヵ月後)
希望に応じて当院での継続受診、もしくは近隣のリンパ浮腫治療施設をご紹介いたします。

検査費用

検査費用の目安(3割負担の場合)

リンパシンチグラフィ 約19,500円
CT検査 約6,000円
MRI検査 約6,600円
超音波 約1,650円

※入院の場合、事前に限度額認定の手続きをされることをお勧めしています(70歳未満の方)。

INFORMATION

診療時間

診療時間

予約受付時間:平日9:00~17:00 土曜9:00~12:00

※初診時には、診療情報提供書を必ずお持ち下さい。 また、スムーズな診察を行うため、事前に電話・メールフォームにて外来予約を行って下さい。

名戸ヶ谷病院
リンパ浮腫専門外来

〒277-0032
千葉県柏市名戸ヶ谷687-4

  • JR常磐線「柏」駅東口からタクシーで約15分程度
  • 東武バス 「名戸ヶ谷車庫」下車すぐ
  • 専用駐車スペースあり

04-7167-8336

アクセスMAP

ご予約・お問い合わせ

名戸ヶ谷病院 浮腫専門外来

TEL.04-7167-8336

ご予約・お問い合わせ

所在地

〒277-0032
千葉県柏市名戸ヶ谷687-4

  • JR常磐線「柏」駅 東口から
    タクシーで約15分程度
  • 東武バス 「名戸ヶ谷車庫」
    下車すぐ
  • 専用駐車スペースあり

マップを見る

社会医療法人社団蛍水会 名戸ヶ谷病院

このページの先頭へ